軟骨の磨り減りをストップ|dhcのグルコサミンサプリで補充

眼の疲れ対策

目頭を押さえる男性

紫外線を防ぎます

眼精疲労を起こしているときには、極力眼を休めることが大切です。このような時には、概して眼が渇きがちになっています。表面の水分量が減少しているため、様々な刺激に対して敏感になってしまうのが問題です。花粉やハウスダストなどのアレルゲンはもちろんのこと、紫外線には特に注意が必要となります。紫外線は眼の炎症などを誘発する要素です。ですので、眼精疲労がある場合は屋外でサングラスなどを着用します。このような工夫をすることで、眼精疲労に合併しやすい様々な眼の病気を防ぐことが出来ます。最近では紫外線対策が出来るサプリメントや目薬も販売されており、ある程度対策を講じることが可能です。デリケートな状態のときには、眼を労わる工夫が求められます。

抗酸化成分が効きます

サプリメントなどの健康食品を利用する際には、抗酸化作用の強いものを選ぶのがベストです。眼精疲労は少なからず眼の酸化を促しますので、抗酸化作用のある成分を意識的に摂取することが症状の改善に役立ちます。抗酸化作用がある成分の代表的な存在が、ポリフェノールやカロテノイドです。ブルーベリーやサーモンなどが、例えば有効な素材として挙げられます。このような素材に含まれる抗酸化成分は、眼に生じた活性酸素の害を取り除きます。従って、眼精疲労の症状を回復へ導けるのが大きな利点です。昨今の疲れ目対策のサプリメントの中には、このような成分を程よくブレンドしたものが見られます。効率よく抗酸化成分を摂取したい場合は、含有成分にこだわるのも一つの方法です。